厚生労働省が23日発表した2016年度の毎月勤労統計(確報、従業員5人以上)によると、物価変動の影響を除いた実質賃金は前年度比0.4%増だった。6年ぶりに前の期を上回った。

従業員一人あたりの平均の現金給与総額(名目賃金)が0.4%増の31万5452円と3年連続で増加した一方、消費者物価指数(持ち家の帰属家賃を除く総合)は横ばいにとどまったことが寄与した。
内訳をみると、基本給にあたる所定内給与は0.2%増、残業代など所定外給与が0.6%減だった。ボーナスなど特別に支払われた給与は1.9%増だった。

同時に発表した17年3月の毎月勤労統計(確報、従業員5人以上)は、実質賃金が前年同月比0.3%減だった。速報段階の0.8%減から上方修正した。
パートタイム労働者比率は速報時から上昇したものの、一般労働者の名目賃金が速報時の0.6%減から0.1%増になったことなどが実質賃金を押し上げた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

配信 2017/5/23 9:00
日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL22HIB_S7A520C1000000/

コメント一覧
アレー?
給与増えてないが
6年ぶりってことは、2010年度からずっと下がってたのか…
円高のおかげですねw
提灯統計か
実質賃金6年ぶりプラス 16年度、名目も増加
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDF22H0E_T20C17A5EAF000/
給料も半端に上がると手取りが減る場合もあるしな
>4
円高のおかげだと、2011年とか2012年度上がってないとおかしい>6年ぶり増加
支持率アップに必死
わあああああああああああああああ

安倍さんありがとう!!!!!!!!