こんにちは!

ますぴーです!

 

 

野球でバッティング練習のなかでも

誰もが最初にすることは

 

 

素振り

 

 

ですよね。

 

 

あなたは素振りを

1番最初にやったと思います。

 

 

ということは野球選手みんなが

やっていることなんです。

 

 

だからこそ、ここですでに

大きな差が生まれてしまうのです。

 

 

もしこのまま

今まで通り何も意識せず

素振りを続けていれば

 

 

あなたはベンチで声を出してるだけで

打てるようになれず

 

 

試合に出られない悔しさを持ったまま

引退するでしょう。

 

 

しかし裏を返せば、

これからお話しすることを

意識すれば、

 

 

あなたは誰よりも打球を遠くまで飛ばせて

 

 

試合で活躍し、チームにとって

欠かせない存在になれます。

 

 

じゃあ一体何を意識すればいいのか

 

 

そもそもバッティングと言うのは

大まかに言うと条件反射です。

 


どんなに運動神経の優れた人、

例えばボクシングの世界チャンピオンでも

 

 

野球をやった事が無ければ速いボールを

打つことは出来ません。

 

 

なぜなら

 

 

 

反応そのものが出来ないのです。

 

 

 

これを素振りに当てはめれば、

 

 

ただ漫然と真ん中を振っていれば

筋力アップにはなるので、

やらないよりは良いでしょう。

 

 

でも例えば、インコースのボールが来ても

 

 

そこに瞬時に対応する記憶は

体が持っていないのです。

 

 

「どこでどう打つ」を意識することが

大切なのです。

 

 

あなたは素振りをするとき

どんなことを意識していますか?

 

 

「コース」

 

「ミートポイント」

 

「タイミング」

 

 

などどれも大切なことです。

 

 

では「その中でもどれが大事か?」

と優先順位を付けるとしたらどうでしょう

 

 

それには何の為に素振りをやるか

それを理解する事です。

 

 

「フォームを固定するため」

 

「悪い癖を直す為」

 

「スイングを速くするため」

 

 

など理由は人それぞれで、

内容によって意識する比率は

変わってきますが

 

 

共通している事が1つだけあります。

 

 

それは

 

 

「体に覚えこませるため」です。

 

 

それでは具体的に

 

 

どのようにすればいいのかですが、

たったの3STEPだけなのです。

 

 

STEP

しっかりとピッチャーが

いることを意識する!

 

 

STEP

ストライクゾーンを9つに分けて

それぞれのコースを

10本ずつ思いっきり振る!

 

 

STEP

体のバランスを整えるために

右なら左、左なら右で

6割~7割の力で10本振る!

 

 

たったこれだけです。

 

 

惰性で1000本振るより

何十倍も自分の力になります。

 

 

1ずつでも5本ずつでもいいので

だから今すぐに実践してみてください。

 

 

やらなければあなたは

 

 

今までとは何も変わらず

周りとの差は広がるだけです。

 

 

私はこれのおかげで

バラバラだったスイングが

しっかりと固定されて

 

 

やる前よりもボールを芯で

捉えられるようになりました。

 

 

こんな私にもできたのですから

あなたにも必ずできます。

 

 

夢の舞台へ駆け上がれ!!