これは、ちょっとショックなニュースだ。
アイデアに著作権なし……それでも「いいめもダイエット」サービス停止 - ITmedia エンタープライズ


つーかさ、逆にこのサービスを本の中で紹介すればいいのに。そしたら、本の方は実践するための強力なツールを手に入れることになるし、サービスの方は宣伝になる。理想的なWin-Winの関係ではないか。


サービスを停止させたその理由がすごい。以下抜粋。

記録をしてダイエットに結びつけるという発想は、私の著作からスタートしています

記録ってだけだと何を記録なのかわからないけど、カロリーのことだろうか?
ダイエットするのにカロリーを記録するなんて誰でも思いつくだろうに。順序だてて理論的な手法を確立したのかもしれないが、それを実践するためのツールとは全く関係ない。
毎日の献立を写真にとり、カロリーを計算し、記録する。そんなのは、デジカメが商品化されて一般に広まって比較的すぐにテレビで紹介されていた。


というか、アイディア以前に小学校とかで変化率を調べるのには記録する必要があるって習わないか?そこからどう発展させるかって話なんじゃないのか?


どんな経歴の方なのかは知らない*1が、もしかしたら元々業界の方なのかもしれない。すでに同等のサービスを展開するプロジェクトを立ち上げていたために先行サービスを潰しにかかったのかもしれない。そうでなければ、理解できない。
ITmediaへの返答はまだないそうだが、早急に真意を知りたいところだ。

著作権というのは表現を保護するもの。例えば、記録してダイエットに結びつけるというアイデアそのものは著作権の対象となり得ない

むしろ、今回の件は「いいめも」プロジェクトの著作権を侵害する行為なのでは?

*1:し、調べようと思うほど興味もない。